情報通信機器 運用 保守 管理

メールサーバー DNSエラー

メールサーバー DNSエラー

得意先よりご連絡

『今朝から急にメールが受信できなくなりました。社内LANの他のPCは全て問題ありません。webサイトなどは普通に見ることができます。メールをスマフォに転送しているのですが、こちらは届いています。』

メールクライアントはサンダーバード、アカウントはレンタルサーバーから設定している会社の独自ドメインアドレスです。お話しから想像するとメールサーバーがタイムアウトしているような気もしますが、リモートで確認します。

リモート接続後、改めて問題を切り分けてみます。

・受信したときに、画面下部にサーバーの名前解決が表示され、その後メールは受信されず元の状態に戻る

・同じ設定内容で別アカウントを作成したり、アカウントを削除した後で新たアカウントを作ってみても改善しません。

・他のPCでアカウントを作成すると正常に受信できましたから、メールサーバー側の問題では無さそうです。

・メールデータを含むサンダーバードのプロファイルが10GBを越えていますから、容量の影響があるのかも知れません。

途中、レンタルサーバーの設定画面を開いていただく必要がありましたが、うまく開くことができませんでした。只これも、他のPCから設定はできましたから、この時点ではサンダーバードのプロファイルをバックアップして、ソフトのアンインストールとインストールをしてみる事にします。

結論から言えば、サンダーバードの再インストールでは復旧することができませんでした。

サンダーバードを再インストールし、プロファイルを復元する前にアカウントを作成し、メール受信してみたが症状は変わりません。

改めて考えてみると、メール受信時の名前解決ができない事にヒントがあるような気がします。そう言えば、レンタルサーバーの設定画面が、このPCでは何故開けなかったのだろうと気になりました。

ここで、ネットワークの設定を見てみると、DNSにGoogleDNSが設定されていました。

但し、プライマリDNSは8.8.8.8で合っていますが、セカンダリDNSが8.8.8.4と、正規の8.8.4.4とは違う値が設定されています。どうやら、セカンダリDNSの設定を間違ったことで、メールサーバーやレンタルサーバーの設定画面にアクセスできない状況が発生したようです。

まずは、DNSを自動取得とし、プロバイダのDNSを使用することで症状は改善しました。

ある程度知識のある担当者様がgoogleDNSを設定したが、値を間違えて入力した。プライマリとセカンダリはミラーされている筈ですが、何れかのタイミングでレンタルサーバーへのアクセスがセカンダリDNSを参照するようになり、DNSの値が違うので名前解決ができなかった事が原因のようです。

PCがコモディティ化していくことで、設定と言う行為自体や、設定するユーザーも少なくなってきましたが、一方では、環境により、OSやアプリケーションの各設定をおこなう必要性も残っています。

OSやアプリケーションに汎用性が残っている限り、このようなトラブルは今後も続きそうです。

画像の説明

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional