情報通信機器 運用 保守 管理

PC内部クリーニング

PC内部クリーニング

お客様よりご連絡
『ここ数日、PCが起動しないことがあります。何度が電源のON/OFFをして、一旦起動すればその後は何の問題もないのですが…』

本体は、Dell Vostro420のミドルタワーにビデオカードが増設された構成です。当時としてはミドルレンジのビデオカードを増設した関係で、購入時から電源ユニットを容量の大きな物へ交換してあります。

続けて、
『今現在も電源スイッチを入れると電源ランプがオレンジに点灯した状態から起動できません。そして、今回は電源を強制的に切ろうとしても切れません。』


『それでは仕方ないので、電源ケーブルを抜いてから、電源スイッチを数回押して完全放電しましょう。』

お客様
『電源ケーブルを抜いて、スイッチを何回か押しても電源のランプがオレンジ色に点灯しているのですが?』


『おかしいですね?、通常はケーブルを抜いた時点でランプが消えて、その状態からスイッチを押して完全放電なのですが…』

最初は抜いたケーブルを間違えたのかと思いましたが、確認すると間違いありません。
その後、背面のメインスイッチをON/OFFするなどして、やっと電源を切ることができました。

電源ユニットに問題がある可能性を考慮して訪問します。
訪問後、まずは内部のホコリを取り除くクリニーングをおこないます。

PCの起動が不安定な時、症状にもよりますが内部のクリーニングとパーツの組み付けのみで解消することがあります。

PC本体が寝室の隣室に設置されていた事と、ミドルタワーで通気性が良いことが重なり、ホコリが大量に吸い込まれていました。

画像の説明

これまでも、年に数度は側面のパネルを外して掃除機で吸っていただたようですが、この状態ですから、外せる部品は全て外して、コンプレッサーと掃除機を併用してホコリを取り除きます。

次に、ビデオカードですが、メモリのヒートシングが熱で取れていました。このまま使用すると熱暴走の可能性がありますからヒートシンクを取り付けます。

画像の説明

元々の症状から、やはり電源ユニットの可能性は捨てきれませんから念のため電源ユニットを交換して完了です。

PCの排熱が悪くなると色々なトラブルが起きがちです。設置環境にもよりますが、年に数度はPC内部のクリーニングをお勧めします。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional