情報通信機器 運用 保守 管理

VPN構築 Router ping応答

VPN構築 Router ping応答

AR260S V2を使用してVPNを構築した際の補足。

 拠点から本社へVPNセッション確立後に本社Routerへpingによる疎通確認をおこないます。事前にセルフアクセス設定画面で拠点ロカールアドレスから全てのパケットを通過するよう設定していますから、VPN確立後は問題なくpingが通ります。

画像の説明

 しかし、VPN確立前に本社に割り当てられているグローバルIPやDDNSで設定されているドメイン名へ外部からpingを打っても応答がありません。

 外部からのpingに応答させるには、セルフアクセス画面からICMPを通過するよう設定が必要です。

画像の説明

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional